只見線の不通区間の会津塩沢駅です

 
 
只見線は、福島県会津若松市にある会津若松から新潟県魚沼市の小出(こいで)までを結ぶ路線だ。2020年7月現在、会津川口から只見までの区間が不通になっている。不通区間の駅は全部で6つ。会津塩沢(あいづしおざわ)はその不通区間にある駅である。
2021年度中には路線も復活する予定で、今は静かにその時を待っている。

 
 

基本情報

□路線  JR東日本 只見線
□開業  1965年(昭和40年) 
□所在地 福島県南会津郡只見町大字塩沢字上田
□マップ

□訪問年月 2020年6月

 

 

 

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
雲のかかる小山の前に、待合室とシンプルなホームが見える

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
敷設し直すためか、線路は一時的に撤去され整地されている

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
只見方向を臨む。雑草の生えたホーム、個人的にこういう雰囲気が好きだ

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
自然にすっかり溶け込んだホーム。これはこれで調和がとれていて悪くない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC09092-1024x682.jpg
只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です待合室の窓や扉にはすべて板がうちつけられている

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
会津川口方向を臨む。遠くの標識が傾いでいるのは積雪の重みのせいだ

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
名標は中身だけが新しいものに変わっている

只見線の不通区間にある会津塩沢駅は無人駅です
新しく線路が敷かれるのはいつだろうか

 

 


姉妹サイトで、井川線の訪問記を書いています。よろしければ下記のリンクからご覧ください。

会津塩沢駅 JR只見線不通区間探訪記2 2020/6

おすすめの記事