石山坂本線の三井寺駅

 
 
石山寺(滋賀県大津市)から坂本比叡山口(同市)までを結ぶ京阪石山坂本線は、路線距離が14.1km。三井寺(みいでら)は、そのちょうど中間に位置する駅である。早朝・夜間は駅員不在となるため、「ときどき、無人駅」としてカウントした。
琵琶湖の水を京都方面へ流す水路「琵琶湖疎水」が始まる地点の、最寄り駅でもある。


 

基本情報

□路線  京阪電鉄 石山坂本線
□開業  1922年(大正11年)
□所在地 滋賀県大津市浜大津3-6-12
□マップ


□訪問年月 2020年6月

 

 

坂本比叡山口方向を臨む。びわ湖浜大津から三井寺までは併用軌道区間となっている。三井寺駅の直前で路面から専用軌道に切り替わる Googleストリートビューより

 

坂本比叡山口行きの電車が、三井寺駅に到着

 
 

石山坂本線の駅は全部で21ある。三井寺は石山寺から数えて13番目の駅だ

 

 

2面2線のホーム。駅員がいるときは、写真手前側(坂本比叡山口寄り)で改札がある

琵琶湖の方向に少し歩いてみる。駅から琵琶湖までは200mほどの距離。琵琶湖と雨って、良く似合うと思う

琵琶湖を背にして石山坂本線が走る方向を振り返る。駅は左手奥、右手前にある建物は琵琶湖第一疏水揚水機場

再び三井寺駅に戻ってくる。初めて見る京阪700形車両のグリーンはなんだか懐かしい色

 

京都府京都市の蹴上に続く琵琶湖疎水。歩き通すには時間はかかるが、水の流れに沿うように散歩道もある。桜の時期が有名だが緑萌えるこの時期もおすすめだ

 

 

おすすめの記事